スロットルワイヤーが切れて久しい、ハスラー90。
なぜ、ワイヤー交換が遅れてかというと、本人のやる気も問題がありますが、新品ワイヤーの調達に時間が掛かった事が一番の理由です。
DSCF2772
純正のスロットルワイヤーは既に廃番のようです。
手元には中古のワイヤーがあるので、替えられないことはありませんでしたが、中古ではやっぱり不安。

国内に無ければ、海外市場で調達することにしました。
物はすぐに見付かりました。

ハスラー90(TS90)の部品の多くは、主に海外で売られていたTS100やTC100と共通の物が多いです。ワイヤー類は完全に共通と言えます。
s-l300
値段は国内で調達するのと同等ですが、国際送料が掛かるのが難点。
スロットルワイヤー1本だけ買うのは、割りが悪いので、後々使う可能性があり、国内調達に懸念のある消耗品をまとめて買うことにしました。

利用した「セカイモン」から送られてきた梱包品。
IMG_2439
中身です。
IMG_2440
まず、ハスラー90に使う、TS100のスロットルワーヤー、2本調達。
IMG_2441
同じく、ハスラー90に使う、TS100のクラッチケーブル、3本調達。
IMG_2445
そして、RG250Eの部品も!
海外名はGT250X7のスロットルワーヤー。
IMG_2449
GT250X7のクラッチワーヤーを2本。
IMG_2443
IMG_2447
同じく、リアブレーキシューを1個。
IMG_2451
うかつにも、最後に追加したブレーキシューが重かったので、国際送料がちょっと高めになってしまいました。

さて、スロットルワイヤー交換作業です。
IMG_2481
調達したワイヤーには純正のラベルはありませんが、Made in Japanの表示。
IMG_2482
ハンドル側を付け替えます。
IMG_2588
そして、キャブ。
カバーを外せばすぐにキャブ。

IMG_2470
作業は楽です。
IMG_2480
面倒なのは、オイルポンプ。
IMG_2471
クランクケースのカバーを外して、
IMG_2472
チェーン奥のオイルポンプのカバーを外して、
IMG_2475
ワイヤーを外します。
IMG_2478
着けるのは、ちょっと面倒。
コツが分かれば訳ないけどね。

ワイヤーの先端をターミナルに入れます。
IMG_2489
ドライバーでオイルポンプのレバー部を上方で固定。
IMG_2490
ワイヤーを切り込み部に合わせて、ターミナルを差し込む。
IMG_2491
ワイヤーが折れないようにしながら、下の方から回して、右に持って来たら、
IMG_2493
IMG_2494
固定していたドライバーを抜く。
IMG_2498
正しいやり方かどうかは分かりませんが、自分はこうやっています。

終了
IMG_2503
先週の土曜日、試乗しました。
IMG_2750